精油辞典:パイン

精油辞典はこちら

名前パイン(マツ)
学名Pinus sylvestris
科名マツ科
抽出部位針葉
抽出方法水蒸気蒸留法
香り新鮮な森林の中にいるようなフレッシュでシャープな香り
主な成分モノテルペン炭化水素類(α-ピネン、β-ピネン)、セスキテルペン炭化水素類、モノテルペンアルコール類

パイン(マツ)の歴史

マツ(松)の由来は、「(神を)待つ」、「(神を)祀る」や「(緑を)保つ」が転じて出来たものであるなどいろいろな説があります。東アジア圏では神の下りてくる樹や不老不死の象徴として珍重されています。
木材は強度があり木造建築などに用いられます。

マツの木から得られるエキスは、その抗菌・抗ウイルス作用から、古代から現代に至るまで傷口の消毒や風邪の予防などに利用されてきました。また、精神的な側面でも、松の香りはリラックスやストレス解消に効果があるとされ、古代の日本では禅宗の修行や茶道などの儀式においても利用されました。

効果効能


心への効果

針葉樹の特徴成分とも言える「α-ピネン」は森林浴に近いリラックス効果とリフレッシュ効果をもたらします。鎮静効果があるため、不安や緊張を和らげ、落ち着いた状態をもたらします。そして集中力を高めるのにも役立ちます。
その他エネルギーを活性化させる効果があります。疲れた時や活力が必要な時に、香りを取り入れることで、心身の活力を回復しやすくなります。

期待効果
  • 神経強壮作用(交感神経と副交感神経のバランスを高める作用)
  • 鎮静作用(精神的な興奮や不安、緊張を和らげ、身体や精神の状態をリラックスさせる作用)
  • ストレス緩和作用(リラックスし心を落ち着かせることができる作用)
  • 集中力向上作用(集中力を高める作用)
  • 刺激作用(気持ちに活力や強さを与え、気力を与える作用)
  • 身体への効果

    成分に含まれる「α-ピネン」は血液やリンパ液の流れに働きかけます。血流改善・胃液の分泌を促すことで食欲を高めるなどの効果や、うっ滞除去に優れているので、冷え性やむくみの改善に効果的です。
    その他、殺菌・抗菌作用や、免疫向上作用を持つ可能性も報告されています。
    気管支拡張を促す働きがあり、呼吸器の不調にも作用します。また去痰作用があるため、気管支炎や喘息、鼻づまりに良いとされます。

    期待効果
  • 抗炎症作用(炎症を抑制する作用)
  • 体液循環作用(リンパ系を刺激し、体液循環を活性化する作用)
  • 殺菌・消毒作用(微生物の増殖を阻害し、殺したり除去する作用)
  • 抗ウイルス作用(細菌、真菌、あるいはウイルスの成長を阻害する作用)
  • 鎮咳作用(咳を和らげる作用)
  • 去痰作用(痰を除去する作用)
  • 環境への効果

    パイン精油に含まれる「カンフェン」という成分は、その強い香りと抗菌作用から、防虫効果が期待されます。
    また抗菌効果が強いことから、空気中や表面の細菌の繁殖を抑制します。これにより、臭いの原因となる細菌の活動を減少させ、消臭効果を発揮します。香らせておくと風邪やインフルエンザの予防にもなる可能性があります。

    期待効果
  • 抗菌作用(細菌の成長や増殖を抑制する作用)
  • 消臭作用(不快な臭いを取り除く作用)
  • 防虫作用(害虫や昆虫を寄せ付けない作用))
  • おすすめの空間・店舗

    パイン(マツ)精油の香りは、その清涼感と森林のような香りが特徴であり、多様な空間で心地よい雰囲気を創出することができます。

    オフィス

    パイン精油の香りは、オフィスの空間で集中力を高め、ストレスを軽減するのに最適です。パインの主成分であるα-ピネンやβ-ピネンは、気分をリフレッシュさせ、仕事の効率を向上させます。また、パインの抗菌特性はオフィスの空気を清浄化し、健康的な職場環境を促進します。パインの香りは、活気がありながらも落ち着いた雰囲気を作り出し、快適な作業空間を提供します。

    店舗

    ホテル・旅館

    パイン(マツ)がブレンドされたオイル

    AOI’S AROMAでは、天然100%エッセンシャルオイルを扱っております。

    国際アロマセラピスト資格を持ったアロマのプロが選定したエッセンシャルオイルを、ぜひ空間デザインにご活用ください。

    本記事の監修者

    ウェルネスコンサルティング株式会社
    代表取締役 葵 智恵子

    葵 智恵子

    アロマ 資格

    ホテル、車ショールーム、クリニックをはじめ全国200ヶ所以上で香り空間デザインを実施

    アロマの資格として、英国IFA認定国際アロマセラピストという、英国では看護師と同等の医療従事者として扱われる資格を取得。アロマ検定本『アロマ物語』監修。

    アロマ空間デザイナー養成のためのアロマ空間デザインスクールを経営しており、全国から法人・個人の受講者が集まっている。

    【保有資格】

    • 英国IFA(国際アロマセラピスト連盟)認定 国際アロマセラピスト
    • (公社)AEAJ認定 アロマセラピスト
    • (公社)AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター
    • 日本フレグランス協会認定 フレグランスセールススペシャリスト
    • フランス調香師学校Grasse Institute of Perfumery Natural Fragrances Stage修了 Diploma取得