精油辞典:カモミール・ジャーマン

精油辞典はこちら

名前カモミールジャーマン
学名Matricaria recutita
科名キク科
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
香り甘さと干草がまざったようなえぐみのある香り
主な成分オキサイド類、セスキテルペン炭化水素類、セスキテルペンアルコール類

カモミールジャーマンの歴史とエピソード

「カモミール・ジャーマン」の属名「Matricaria」はラテン語のmatrix(子宮)やmater(母)に由来しています。
カモミール・ローマンが精神的なことに起因して起こる痙攣や痛みの緩和に使われることに対し、カモミール・ジャーマンは炎症、潰瘍の緩和に使われます。
ハーブティーのカモミールティーはカモミール・ジャーマンが使われています。
水蒸気蒸留されたカモミール・ジャーマンは、セスキテルペン炭化水素類のカマズレンを含み、この成分の色は青色なので、精油自体も青色です。

効果効能


心への効果

カモミール・ローマンと同じように心を落ち着かせます。

期待効果
  • 鎮静作用(精神的な興奮や不安、緊張を和らげ、身体や精神の状態をリラックスさせる作用)
  • 身体への効果

    ジャーマンカモミールは「カマズレン」という成分が含まれおり、炎症やアレルギーを鎮める効果が期待できます。
    体全体へは抗アレルギー作用、白血球の生産を促進し、脾臓の強壮などの免疫系を強壮します。
    消化器へは消炎作用と鎮痙作用、潰瘍を改善する作用があります。
    ローマン・カモミールと同じように生殖器への作用もあり、月経時のトラブルに役立ちます。
    抗カタル作用と去痰作用、抗ウイルス作用があるので感染症にも役立ちます。
    皮膚への働きは、炎症を鎮静させ、痒みを抑える作用があります。

    期待効果
  • 鎮痙作用(筋肉の緊張や痙攣を和らげる作用)
  • 消炎作用(炎症を軽減し、その症状を緩和する)
  • 潰瘍改善作用(潰瘍、皮膚や粘膜の傷や損傷を修復し、改善する作用)
  • 去痰作用(呼吸器系から粘液や痰を排出するのを助ける作用)
  • 抗アレルギー作用(アレルギー反応に伴う炎症を抑制する作用)
  • 環境への効果

    期待効果
  • 芳香効果(人々の感情や身体的な状態に与える作用)
  • おすすめの空間・店舗

    スパ施設

    リラックス効果の高い香りが、スパトリートメントの体験を豊かにします。また、心身のリラクゼーションに効果的な成分が含まれ、施設を訪れるゲストに穏やかな癒しを提供します。

    カモミールジャーマンがブレンドされたオイル

    AOI’S AROMAでは、天然100%エッセンシャルオイルを扱っております。

    国際アロマセラピスト資格を持ったアロマのプロが選定したエッセンシャルオイルを、ぜひ空間デザインにご活用ください。

    本記事の監修者

    ウェルネスコンサルティング株式会社
    代表取締役 葵 智恵子

    葵 智恵子

    アロマ 資格

    ホテル、車ショールーム、クリニックをはじめ全国200ヶ所以上で香り空間デザインを実施

    アロマの資格として、英国IFA認定国際アロマセラピストという、英国では看護師と同等の医療従事者として扱われる資格を取得。アロマ検定本『アロマ物語』監修。

    アロマ空間デザイナー養成のためのアロマ空間デザインスクールを経営しており、全国から法人・個人の受講者が集まっている。

    【保有資格】

    • 英国IFA(国際アロマセラピスト連盟)認定 国際アロマセラピスト
    • (公社)AEAJ認定 アロマセラピスト
    • (公社)AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター
    • 日本フレグランス協会認定 フレグランスセールススペシャリスト
    • フランス調香師学校Grasse Institute of Perfumery Natural Fragrances Stage修了 Diploma取得