アロマで質の高い睡眠を手に入れよう!

目次

アロマと睡眠の深いつながり

9月3日は「睡眠の日」です。アロマと睡眠は深いつながりがあります。
嗅覚を通してリラックスすることで、自律神経を整え、睡眠の質に大きな影響を与えることが研究によって明らかにされています。
特に、天然の精油を使用した芳香浴は、睡眠の改善に効果的です。

睡眠に最適な精油

ラベンダー(Lavandula angustifolia)

ラベンダーはおそらく最もよく知られた睡眠促進のアロマです。ラベンダーの香りはリラクゼーションを促し、不安やストレスを軽減します。メラトニンの分泌を促進し、入眠をサポートすることが示唆されています。

カモミール(Chamomile)

カモミールは穏やかでリラックスした状態を促し、不安や緊張を和らげます。カモミールティーの香りやアロマオイルは、入眠をサポートするのに役立ちます。

ベルガモット(Bergamot)

ベルガモットはシトラス系のアロマで、気分を明るくし、ストレスを軽減する助けになります。不安や緊張を和らげ、リラックスを促します。

サンダルウッド(Sandalwood)

サンダルウッドの香りはリラックスと鎮静効果があるとされ、入眠をサポートすることが知られています。ストレスを軽減し、安心感をもたらします。

ネロリ(Neroli)

ネロリはオレンジの花から抽出されるエッセンシャルオイルで、リラックスと不安の軽減に寄与します。緊張をほぐし、リラックス状態に入るのを助けます。

使い方

アロマディフューザー、アロマキャンドル、アロマバス、アロママッサージなど、さまざまな方法で利用できます。それら面倒な場合は、香りを嗅ぐだけでも効果があるので、ティッシュなどに垂らすだけでもよいですよ。

研究データ

最近の研究では、夜勤を伴う勤務体系の看護師50人に対する、スイートマージョラム精油を使用したアロママッサージが、睡眠の質を向上させることが示されています。

実験では、スイートマージョラム精油を2%の濃度で希釈したアロママッサージを受けた後、30分間の休息を行いました。この介入を週に1回、計4回行った結果、睡眠の評価が改善されました。

(出典:Chang Y.Y. et al.(2017)The Effects of Aromatherapy Massage on Sleep Quality of Nurses on Monthly Rotating Night Shifts. Evid Based Complement Alternat Med 3861273:1-8.)

アロママッサージを行ったグループは、マッサージージ以前に比べて、PSQI(※)総スコアが有意に減少しました。
また、主観的な睡眠の質、入眠困難、日中覚醒困難といった要素の得点において、有意な減少がみられました。

(※)ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)
過去1か月間の睡眠習慣や睡眠の質など全18項目から構成され、得点が高いほど睡眠の質が悪いとされる。


(出典)(公社)日本アロマ環境協会「芳香浴が更年期症状に与える影響」

ディフューザお勧め

アロマの効果を最大限に引き出すためには、適切な精油の選択と希釈が重要です。
また、アロマをお部屋に香らせるアロマ空間デザインも睡眠の質を向上させるための有効な手法です。

ウェルネスコンサルティングのオンラインサイトでもご自宅用のディフューザをご紹介しています。
こちらはBluetoothでONOFF、濃度、タイマーを操作可能です。

アロママッサージやアロマ空間デザインを取り入れることで、より質の高い睡眠を手に入れることができます。ぜひ、アロマの力を活用して、心地よい眠りを実現しましょう。

※この記事は一部、ウェルネスコンサルティング株式会社が開発した「AI AROMA」システムにより生成しています。

本記事の監修者

ウェルネスコンサルティング株式会社
代表取締役 葵 智恵子

葵 智恵子
葵 智恵子 保有資格

ホテル、車ショールーム、クリニックをはじめ全国200ヶ所以上で香り空間デザインを実施

アロマの資格として、英国IFA認定国際アロマセラピストという、英国では看護師と同等の医療従事者として扱われる資格を取得。アロマ検定本『アロマ物語』監修。

アロマ空間デザイナー養成のためのアロマ空間デザインスクールを経営しており、全国から法人・個人の受講者が集まっている。

【保有資格】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次